• Ryosei Azuma

初心者向け パワーラックでスクワットを行う際のセッティング


パワーラックでスクワットを行う際には自身の体に合わせてセーフティバーやバーベルラックをセッティングし直す必要があります。

まずバーベルラックの高さを合わせます。

パワーラックの奥に立ち、少しかがんだ状態の、肩の高さより少し低めのあたりがちょうどいいと思います。高すぎると戻す時に届かず落下する可能性がありますし、低すぎても戻す時に腰が曲がってしまいやすくなります。要微調整。

次にセーフティバーの高さをあわせます。

スクワットでしゃがみこんだ一番低い状態のバーベルの位置より少し低いところにセットします。高すぎるとしゃがみこめなく、低すぎると潰れたり倒れた際に危険です。

スクワットをする際はバーベルが常に横から見て体の中心(土踏まずの直上)を通るようにしましょう。

体が倒れ過ぎたり腰が曲がるとバーが前に寄ってしまいます。

そうなると腰に負担がかかるので気をつけましょう。

#初心者 #筋トレ #パワーラック #使い方 #スクワット

396回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示